淡路たまねぎの販売と産地直送通販『淡路マルイチ青果』

淡路たまねぎの販売と産地直送通販『淡路マルイチ青果』

淡路たまねぎとは

吊りたまねぎとは

HOME 淡路マルイチ青果 > 淡路たまねぎ豆知識
  • 淡路島名物? 吊りたまねぎとは

    たまねぎ小屋

    収穫時(5月末~6月末)、茎を長く残した玉ねぎを10~12固定度束にし、風通しの良い乾燥小屋“玉ねぎ小屋”で1~2ヶ月乾燥させます。
    自然乾燥することにより、糖度が増し、美味しさがアップし、長期保存が可能となります。

    左の写真は乾燥途中の吊り玉ねぎの様子です。

  • 代替画像

    十分に乾燥した吊り玉ねぎは、お客様のお手元にお届けできるよう、手作業で茎と根を切り落とします。

    左の写真は作業中の様子です。

  • 中生種たまねぎ

    玉ねぎの保存方法


    ご家庭でも、軒下ベランダ等、風通しの良い日陰に吊るしておいて頂きますと、11月頃までそのままお召し上がり頂けます。

    (5月~6月の収穫時に、吊り玉ねぎのご予約のご案内をさせて頂きます)

  • おいしいたまねぎの特徴

    おいしいたまねぎの特徴


    ・玉ねぎは頭の部分から痛んできます。
     頭を触ってみて、肉質がしっかりしているものを選びましょう。

    ・春先に出回る新玉ねぎは柔らかく水々しい分、痛みやすく、
     長期保存に向かないので早めに食べきるようにしましょう。

このページのトップへ